Mobile Language Mobile Phone Mobile Menu

概要

リナマーのR&D部門

リナマーは最新技術を常に追求しております。 先端オートメーションからCNC加工機マシニング機器、検査機器から開発用ソフトウェア、革新的製品ソリューションまで、リナマーは時代をリードしております。 
リナマーの技術革新の基礎はマクラーレンパフォーマンステクノロジーの専門知識と共にあります。 2003年にリナマーグループの一員となったマクラーレンはOEM顧客へエンジニアリング、テストとプロトタイピング等のサービスを提供していますします。レーシング用エンジン開発サービスで培ったKnow Howとリーン製造システムの統合は、業界トップレベルのシナジーを可能としました。

McLaren物語

リーン製造のKnowHowと最先端の設計開発能力を保有したOEMのフルサービスパートナーとして最先端のパワートレインソリューションを提供します
戻る 次へ

マクラーレンパフォーマンス概要

  • ドライブライン試験と開発が可能な業界トップの試験室を2室保有しており、幅広い負荷条件での耐久性、NVH、効率測定試験が可能です。 前記に加え2種類のフレキシブルテスト台があります。
  • 温度、湿度、速度、トルク、フロー等を制御可能な13のフレキシブル試験室で世界クラスのエンジンテスト及び開発サービスを提供しています。  排気・空燃比・燃焼・NVH等が測定可能です。
  • 開発用試作品及びPTU,RDU,Gear Box等小規模生産を行っております。 
  • 熱可塑性樹脂によるラピッドプロトタイプ(試作品)を社内で製作して、技術、営業その他の部門をサポートしています。
  • 工機部門で溶接、精密機械加工、検具、治具作成等対応しております。
  • 3次元測定器を使ったプログラミングのサポート及び詳細な測定のサービスを行っております。

「技術にはただ一つの解しかない。もし変化を望まないなら、未来はないであろう。」

- Frank Hasenfratz

設計・開発

リナマー製品開発システムは、リナマー GOS(Global Operating System)戦略に準拠した統制のとれた製品開発サイクルです。 最先端CAD、CAEを使用した設計から始まり、社内開発施設での設計レベル、生産レベルの検証をおこない、最終的に承認された製品設計仕様、図面をリナマーの製造ラインに導入します。 リナマー(生産部門)とマクラーレンパフォーマンス(技術部門)は、製品開発プログラムを初期段階から開発完了までのすべてのプロセスを通して完全な協調体制で推進しています。 この実績のある製品開発プロセスは数多くの開発成功事例を生み出し、市場に新製品と大きな革新をもたらしています。

成功事例

  • マスタング用シリンダーヘッド 5軸機械加工
  • 「Opti-Design」 Dodge Viperシリンダーヘッド
  • リナマーのハイブリッドパワーユニット
  • 将来に向けて準備を

ソフトウェアシステム

リナマーとマクラーレンパフォーマンスは、多くのOEM、サプライヤのファイル転送ポータルを利用した安全なCADデータ転送に対応しています。

CADソフトウェア:
  • AutoCAD Mechanical
  • AutoCAD Electrical
  • Autodesk Inventor
  • Catia
  • Creo Elements / Pro Engineer
  • IDEAS
  • Siemens NX
  • SolidEdge
  • SolidWorks
  • Step / IGES
  • TeamCenter Engineering
CAEシミュレーション&分析:
  • ABAQUS
  • ANSYS
  • Hyper Works
  • Matlab / Mathcad
  • Nastran
  • NX I-DEAS
  • SolidWorks

Over 58 manufacturing locations worldwide.

研究開発

リナマーの研究・開発活動はお客様の製品価値を高め、また市場の将来的ニーズに対応する製品を追求しています。研究・開発のねらいは燃費、排出ガス、そしてコストおよび品質へのニーズに対応してお客様に価値のある製品をお届けすることです。

材料

軽量化やより耐久性の高い設計を実現する代替材料、化学構造、形状、あるいはコーティング等

アクティブ ドライブライン マネジメント

運転状況において必要な時にのみ結合することにより、付随する回転損失を軽減して燃費効率を向上させるドライブラインシステムの研究開発

E-ドライブ

「ドライブラインから電力パワー」のイニシアチブで知られるリナマーは、今後の自動車の電化で使用される新たな技術の統合・支援をするパワートレインのソリューションを研究・開発しています。

製造工程

競争力を維持しOEM顧客にパワートレインシステムを提供する業界第一人者であり続けるための、品質を向上させ製造コストを下げる新しい設備、システム、あるいは工程開発

マクラーレンパフォーマンスのミッションはシンプルです。

社内及び社外顧客の利益になるべく当社の従業員及び資源の最大活用を行いパワートレイン/ドライブライン試験とプロトタイプ製作サービスを顧客視点で高い柔軟性、俊敏性、競争力を持って貢献しています。
米国ミシガン州リボニア市にあるマクラーレン・デトロイトR&Dセンターと、オンタリオ州グエルフのFrank Hasenfratz Centre For Manufacturing Excellenceで設計開発及び試験が行われております。McLarenはパワートレインシステムの設計、開発、統合、検証等を行う様々な専用機器を保有しております。 エンドユーザーは自動車、商用車、船舶、電気自動車、工業用車両等多岐にわたります。